エース候補から一転、干されアナに転落か?

 5月10日発売の『FRIDAY』でヤクルトの原樹理投手との熱愛スキャンダルが報じられたフジテレビの久慈暁子アナ。

「記事ではマスクをつけた2人がデパートでデートする様子や、神宮球場のスタンドで応援する久慈アナの写真を掲載。すでに『半同棲生活』を送っているようです」(週刊誌記者)

 17年の入社当時は視聴率低迷にあえぐ“フジテレビの救世主”と評され、冠番組『クジパン』も放送。令和でのブレイクが期待され、歴代最年少で『めざましどようび』のMCにも起用されたばかりだっただけに上層部も頭を抱えていることだろう。

 しかし、久慈アナの現場での評価はことのほか低いようだ。

「5月14日発売の『FLASH』が『テレビ業界235人が好きな女子アナ・嫌いな女子アナ』という企画を掲載したのですが、久慈アナは『テレビ業界人が選ぶ嫌いな女子アナ』と『視聴者が選ぶ嫌いな女子アナ』の両部門で共に2位に入っています。企画に協力した制作会社関係者によれば、久慈アナのように『元ミス〇〇』などの肩書きを持つルックスがいいだけの女子アナは飽きられているそうで、他の業界人からも『かわいいだけでアナウンサーとしては技量が足りない』『女性層に嫌われているのもキツい』といった辛らつな評価を受けていました。見た目が好きで推していた男性ファンも、原投手が久慈アナのすべてを独占していると知って離れていくのは確実。彼女が起用される理由がますます見当たらなくなる」(テレビ関係者)

 久慈アナも女子アナとしての未来がないと感じたなら、原投手の活躍しだいであっさり寿退社となるかもしれない。

久慈暁子アナ、ヤクルト原選手と熱愛で干されアナ&嫌われアナにのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!