5月13日放送の『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK)に俳優・松坂桃李が登場。気配りを忘れない“良い人”ぶりを遺憾なく発揮して、「人柄の良さと所作の美しさに癒される……」「礼儀正しさが本当に素晴らしい!」とファンを喜ばせたようだ。

 この日の放送で松坂は、笑福亭鶴瓶とともに「神奈川県横須賀市ぶっつけ本番旅」ロケに参加。中華料理店を訪れた2人に、店主夫婦から“あんかけギョーザ”が提供される。鶴瓶に続いて自分の分を取り終えた松坂は、鶴瓶側にスプーンの持ち手が向くよう配慮。食事を終え店を出る際には夫婦へ向き直り、「ごちそうさまでした」と腰を曲げてお辞儀する礼儀正しさを見せた。

 鶴瓶と別行動になっても松坂の良い人ぶりは止まらず、公園でママさんたちから「カッコいい」と声が上がると「いやいやいや」と謙遜。「握手したい」とのリクエストに快く応じるなどファンサービスを続けていく。さらにママさんが抱っこした赤ちゃんが松坂の指を放そうとせず、ママさんから「やっぱりいい男はわかるんだ」と驚きの声が。その後赤ちゃんは指を手放したが、松坂は赤ちゃんの小さな腕を支えるように手を添えながらママさんとの会話を楽しんだ。

「松坂は市民やファンだけでなく、スタッフにも進んで声かけするなど飾らない姿で単独ロケを進めていきます。神社めぐりの中で渡し船に乗った松坂は、“立たないで下さい”の看板を見つけて『みなさん座ってください』と周りをキョロキョロ。また東叶神社に到着すると、宮司から250段以上ある石階段を登ったら『東京湾が見渡せて景色がいい』との情報が。境内で参拝を終えた松坂は脇から伸びる石階段を見て、『本当に行って大丈夫ですか?』と機材を持つスタッフを気遣っていました」(芸能ライター)

松坂桃李の“良い人レベル”が限界突破! 気配りを忘れない礼儀正しさにファン「存在が最高」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!