佐藤浩市「安倍晋三首相揶揄」発言に世間も大ブーイング。「病気の人をバカに」今後の仕事にも影響?の画像1

 

 俳優の佐藤浩市が、窮地に立たされている。

 今月24日に公開されるかわぐちかいじ原作の実写映画『空母いぶき』(若松節朗監督)の漫画誌インタビューで、佐藤は自身の役柄が総理大臣であることに対し「最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね」。そして「彼(首相)はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらったんです。だから、トイレのシーンでは個室から出てきます」と発言。

 これに関し、世間からは2つの批判が。一つは「すぐにお腹を下してしまうっていう設定」が潰瘍性大腸炎の持病を持つ安倍晋三首相を揶揄しているという点、もう一つは病人をバカにしているという点だ。

 これに関し作家の百田尚樹氏は自身のTwitterで「三流役者が、えらそうに!!何がぼくらの世代では、だ。人殺しの役も、変態の役も、見事に演じるのが役者だろうが!」と激怒。幻冬舎・見城徹社長もTwitterで、「人の難病をこんな風に言うなんて。観たいと思っていた映画だけど、僕も観るのはやめました」「自分の発言がどれだけ共演者やスタッフに迷惑をかけているか、よく考えて欲しい」と、いわゆるインフルエンサーが次々と糾弾。佐藤への擁護の声は非常に少ない状況となっている。

「安倍首相の点ももちろんですが、やはり病気などに関する発言はいただけなかったかもしれません」(記者)

 一部では「大したことないのに騒ぎすぎ」という意見もあるが……佐藤の今後の仕事にも関わりそうで心配である。

佐藤浩市「安倍晋三首相揶揄」発言に世間も大ブーイング。「病気の人をバカに」今後の仕事にも影響?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!