「かめざんまい!」 料理長・亀梨和也のカッコよさが想像の域を軽く超えているとファン大興奮の画像1

※イメージ画像

 4月24日放送の『KAT-TUNの世界一タメになる旅!+』(TBS系)にて、亀梨和也が華麗なる料理の腕前を披露し、「料理上手な亀ちゃんにノックアウト」「魚を捌く姿だけでご飯が進むわ」とファンを喜ばせた。

 この日の放送は前回に引き続き、鳴門海峡で鯛釣りに挑戦。亀梨・中丸雄一・上田竜也に加えてゲストの浜口京子も乗船し、鳴門の渦潮付近へと向かう。しかし鯛を狙えど釣れるのはカサゴばかり。結局鯛は釣れずに終わり、漁協に甘えて獲れたての鯛2尾をゲットする。

 前日に黙々と魚を捌く修行を積んでいた亀梨は、料理長スタイルで登場早々「かめざんまい!」と手を広げてキメポーズ。高級ホテルのキッチンで鯛をさばき始めると、頭を切り落として再び「かめざんまい!」と披露する。若干スベった感はあったものの、浜口が「イエー!」と盛り上げ、気持ちを切り替えて鯛を3枚に下ろしていく亀梨。その姿に上田は、「この番組で亀梨くんの料理技術が確実に上がってるんだね」と驚きを隠せない様子だった。

「番組のナレーションによると、『かめざんまい』は亀梨が自由な発想で料理を提供していくお店だそう。今回亀梨は鯛のコース料理を提案し、1皿目からソテーしたぷりぷりの身が魅力的なカルパッチョ風料理が登場します。さらに2品目には鯛の頭酒蒸し、3品目には薄切りの身と焼き上げた身を土鍋に投入した鯛めしを提供。亀梨の手料理を堪能したメンバーからは、口々に『美味しい!』『幸せ~』と称賛の声が上がりました。最後は亀梨が『ご唱和ください』と全員に促し、ご満悦の表情を浮かべて『かめざんまい!』を披露。今度こそ大満足のキメポーズになったようです」(芸能ライター)

 そんな料理長・亀梨の姿に、ファンは「料理してるときのご尊顔が美しすぎる……」「包丁を握る亀梨くんが想像の域を軽く超えるカッコよさだった」「『かめざんまい!(ドヤァ)』で盛り上がる平和で優しい世界」「かめざんまいは何県何市にありますか!?」「料亭が舞台のドラマがあったらオファー待ったなし」と大盛り上がり。実は過去にもたびたび料理の腕を披露している亀梨は、エプロン姿を披露して注目されたことも。

「2017年8月放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に、亀梨がゲスト出演したときのこと。スタジオで得意料理の“特製タリアータ”作りに挑んでいます。エプロンをまとってサクサク調理を進める姿に、MCのひとり森泉は『手際良いね、やっぱり。やってる感あるよね』と興味津々。完成した料理を前に、藤木直人からは『亀梨くんの彼女になりたいね。こんなのが家で出てくるって良くない?』というコメントが飛び出しました」(同)

 ジャニーズの料理番長を目指し、亀梨の修業は日夜続いているに違いない。

料理長・亀梨和也の「かめざんまい!」 カッコよさが想像の域を軽く超えているとファン大興奮のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!