星野源が平成にやりたいことはスカイダイビング!出来そうで出来ないのは、スターの身の安全を守るための親心かの画像1

 

 歌手・俳優の星野源が23日深夜放送の、「星野源のオールナイトニッポン(ニッポン放送)」にて平成最後のラジオに臨んだ。そこで話題にあがったのは「平成でやり残したこと」。星野がピックアップしたやりたいこととは?

 この日の星野は上機嫌。「平成最後の星野源オールナイトニッポン。これどの番組でも言ってるよね。俺も言ってもいいですか?」と声だけで笑顔とわかる軽妙なあいさつで番組はスタート。ご多分にもれず、終わりゆく平成時代を振り返り「色んなことが変わってきているように思うんです。沢山の方々が亡くなられて『これからお前の時代だぞ』っていうのを感じる」と、令和のエンタメシーンを牽引していく覚悟を真剣に話した。

 平成末期に一気にトップアーティストへと駆け上がった星野も、いまやブームを飛び越え盤石の人気を誇るまでに。昭和から平成にかけてのさまざまな歌謡曲に影響を受けていることを自負する星野だけに、受け取ったバトンを次世代につなぐ意志は強い。

 同番組では、星野のプライベートにもクローズアップ。星野はリスナーに対して「みんながラジオの企画でやりそうなことやってみる?」と『平成でやり残したこと』についてノリノリで問いかける。すると矢継ぎ早に「ちなみにぼくはスカイダイビングかな。やりたいんですよ~」と意外な願望を口にした。

星野源が平成にやりたいことはスカイダイビング!出来そうで出来ないのは、スターの身の安全を守るための“親心”かのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!