あえて隠したことが意識している証拠?

 4月22日、米倉涼子が『1番だけが知っているSP』(TBS系)に出演。脅威を感じる女優の名前を挙げた。

「『視聴率女王』と呼ばれることに恐縮していた米倉ですが、脅威を感じる若手女優を聞かれると、『やっぱり、大人げなくて対抗心が湧いてしまう』と意識する存在がいることを告白。『共演させていただいたときに、全く違う動物として見ていた。種類が違う人間だと思った』と言い、若手実力派女優の黒木華が放つオーラや佇まいに凄みを感じたと明かしました」(テレビ誌ライター)

 しかし、ネット上では「同じような若手派手美人を挙げたら対抗心にリアリティありすぎるからあえて違うタイプを挙げたのかな」などと、あくまでテレビ向けのコメントと捉えた人が多く、“本命”として別の女優の名前が連打されることとなった。

「天海祐希の名前が目立ちますね。彼女は4月にスタートした主演ドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日系)の初回平均視聴率が15.2%を記録。『ドクターX』の米倉とテレ朝の二枚看板女優となっています。天海は来年にテレ朝開局60周年企画として2クール24話で放送される米ドラマ『24』でも主演格を任されるとのこと。そのギャラは破格待遇と言われ、米倉にも迫ってきている。ドラマが連続で高視聴率を記録すれば、米倉に一気に追いつく可能性もあるだけに、対抗心が湧いていないわけがありませんよ」(芸能記者)

 米倉は番組で「エゴサーチ」していることを明かしており、世間から「天海祐希がライバル」と見られていることは知っていたはず。そのため、黒木をカモフラージュに使ったのかも…とは言い過ぎか?

米倉涼子、『黒木華に対抗心』告白は“ライバル”天海祐希を意識の裏返しかのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!