22日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で、先週「FRIDAY」(講談社)に2ショットランチデートが報じられたフリーアナウンサーの赤江珠緒と博多大吉の話題が取り上げられた。

 MCの坂上忍は2人に対し「クリーンなイメージというか、スキャンダルの匂いがまったくしない」ため、余計にクローズアップされてしまったのではと背景を語った。基本的には記事とは異なり「何もなかったのでは?」という方向で話は進んだ。

 ただ、アメリカ人の夫を持つアンミカは「昼やし、堂々とやし、大丈夫やと思った。旦那さんにも『男女でこういうのはあるよね?』」と問うと夫から「寝転んで顔横にしてみて」と言われたようだ。実際にやってみると、男女が密着するのは「密室のベッド以外にない」ものであり、かなり近しい関係だと感じたと話した。これには野々村真も「自分の奥さんが違う男性とこういうことをしていたらイヤだ」とも話している。

 そうした中で、坂上が「赤江被告にとったら……」と思わず失言をしてしまった。これは赤江アナがコカイン使用容疑で逮捕された電気グルーヴのピエール瀧被告とラジオ番組『たまむすび』(TBSラジオ)で共演しているため、ごっちゃになってしまったようだ。ブラックマヨネーズの小杉竜一からも「そんな間違いあります?」とツッコまれていた。

 さらにブラマヨの吉田敬は「大吉さんはそもそも性的なものがないし。実際に(浮気を)するならすごい山奥の温泉とか、それこそ『殺す気ですか?』というところでやりはると思う」と話し、笑いを誘っていた。

 吉本興業の後輩芸人としては笑いで火消しをしようとする向きもあるが、やはり実際のところは「何もない」のだろう。やはり芸能人がもともと持っているイメージは大きいようだ。
(文=相川ナロウ)

赤江珠緒アナを「被告」? 坂上忍の勘違いが話題にのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!