新井浩文と旧知の仲の映画監督が拳銃所持で逮捕!その陰で動く麻薬取締部は、次なる逮捕劇の予兆かの画像1

ANORE公式サイト

 

 芸能界の闇につながる「負のドミノ倒し」が始まった。

 18日、映画監督の豊田利晃が銃刀法違反で逮捕された。映画フリークをうならせる作品を多数手掛け邦画界で存在感を示していた豊田の逮捕には関係者は驚いている。しかし、このトピックはこれで終わらなそうだ。そこには芸能界を震撼させているクスリとのつながりがあるからだ。

 豊田が所持していたのは回転式拳銃1丁。静岡県警の発表によると、自宅を調べたところ拳銃を発見し現行犯逮捕に至った。ここで気になるのは、なぜ自宅を捜索したのかということ。拳銃所持で疑われていた可能性もあるが、この逮捕には静岡県警以外に「麻薬取締部」が関わっていることが大きなヒントになるのではないか。

 実は豊田、2005年に覚せい剤取締り法違反で逮捕・有罪判決を受けたクスリの前科持ち。こうしたバックグラウンドを踏まえると、芸能界に根を張るクスリルートの捜査で豊田をマークしていた線が浮かび挙がる。その結果、副産物として拳銃を見つけたのではないか。

新井浩文と“旧知の仲”の映画監督が拳銃所持で逮捕!その陰で動く“麻薬取締部”は、次なる逮捕劇の予兆かのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!