音楽業界に新たな因縁が誕生しそうだ。

 元欅坂46で女優のる今泉佑唯が昨年11月に同グループを卒業した「真相」を『週刊文春デジタル』が報じた。

「記事によれば、今泉が平手友梨奈の“取り巻き”メンバーから陰湿なイジメを受けていたことを実兄が告発。『死ね』などの暴言、化粧品や靴下が片方だけ隠される、1人だけエレベータに乗せてもらえない、楽屋にカギをかけられて入れないといった被害を受けたことで、今泉は自殺も考えたほど追い込まれたといいます」(週刊誌記者)

 欅坂46の運営はこのイジメを把握しており、今泉に対して「主犯格5人を辞めさせる」と約束したが、それが果たされることはなかったというのが、実兄の訴えだ。

「これはNGT48において、山口真帆が訴えたこととそっくりです。NGTの運営は11日に現在の2チームを解散し一本化して再スタートするという発表しましたが、山口へのケアがされている様子がないこと、実行犯への民事訴訟、松村匠取締役持ち帰り案件など何一つ解決していないことなどから、批判が飛び交っています」(前出・週刊誌記者)

 くしくも欅坂46とNGT48は共にソニー・ミュージックエンタテインメント系のレーベルでCDをリリースしており、そのことからネット上では山口に「エイベックス移籍」を勧める声が相次いでいる。

「欅坂を辞めた今泉がエイベックスに所属したのがその理由です。実兄が『文春』の取材に独断で答えたとは考えにくく、今泉やエイベックスの許可を得ていたはず。いずれにせよ、同社の松浦勝人社長の庇護を受けていれば、ソニーといえど圧力をかけることができない。今回の告発でエイベックスVSソニーの構図が出来上がりましたから、山口が今後も芸能活動を続けるならエイベックス移籍は賢明な選択肢の一つだと思います」(芸能関係者)

 今後はソニー所属の土屋太鳳とエイベックス所属の川栄李奈の共演などもNGとなるかもしれない。

山口真帆も移籍? 元欅坂・今泉佑唯の「イジメ告発」でエイベックスVSソニーの因縁がのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!