0001

 ペンライトのピンクの光と「みなみ」コールが会場を包む中、アンコールでステージに登場した高橋は、「私が人生で一番、初めて一生懸命になったことが『AKB48』でした。14歳から10年間、今24歳です。色々なことがありました。楽しかったこと、辛かったこと、たくさんのメンバーとの出会い、その数の別れ…。取り残されていく自分はいっぱい、いっぱい泣きました。『辛いなら辞めればいい』と一度母に言われたことがあります。でも、その時辞めなかったのは『AKB48』が大好きだったからです。AKB48になっている自分が、もがいている自分が好きでした。だから、ずっとこのグループにいたいと思いました。メンバーと、みんなとずっといたいと思いました」。

 そのうえで、「でも、それではいけないということを知りました。好きだからこそ、前に進まなければいけない。そう教えてくれたのは、先に卒業していった仲間たちの姿でした。私にもまだやってみたいことがたくさんある。自分を試してみたい。だから、10年を振り返るのは今日で終わりにしようと思います。前に進もうと思います」と胸中を告白した。

 続けて、「これから歩む道、自分の無力さに苦しくてへこたれることもたくさんあると思いますが、後ろを振り返ればたくさんの仲間たちがいる。たくさんの後輩たちがいる。その子たちに、良い背中を見せたい。だから、ここで約束させてください。私、高橋みなみは『努力は必ず報われる』と卒業したこの先、必ず証明します。それが『AKB48』にできる私の恩返しです」と決意をにじませた。

0001

 そして、「いつだって優しい声を掛けてくれるみなさんの温かさに10年間支えられました。みなさんの声がなかったら、私はここにはいないと思います。こんな寒い中、来てくださったみなさん、48グループを愛してくださっているみなさん、本当にありがとう。そしていつも私の長い話を聞いていてくれたメンバー、本当にありがとう。舞台チーム、こんな素敵な場所を用意してくれてありがとう。衣装、メイクチーム、いつも素敵な衣装を作ってくれて私たちをアイドルにしてくれて本当にありがとう。メイキング、ムービーチーム、いつも邪険にしてごめんない。みんなが良い画を撮ってくれるから思い出がいっぱいです。ありがとう。スタッフ、マネージャーチーム、変なひとばっかりです。スタッフらしくないし、マネージャーらしくないけど、一生懸命頑張ってくれるみんなが大好きでした。本当にありがとう。そして最後に、秋元先生、こんな最高のグループを作ってくださり、本当にありがとうございます。私は、幸せでした」と感謝。
 そのまま、『背中言葉』を熱唱した。

0004

 最後に、「JKT48」からの卒業を発表している仲川遥香ら「AKB48」の初期を支えた卒業生たちも登場し、高橋は『桜の木になろう』、『桜の花びらたち』をともに歌唱。
 そして、アンコールも含めて全31曲でセンターを務め切った高橋は、目に涙を浮かべるメンバーたちをそっと抱き寄せ、手を握りながら、「ここにいるメンバーに『AKB48』の未来を託します」と後輩たちにエールを送り、「10年間本当にありがとうございました」と話すとステージを後にした。

高橋みなみが卒業コンサート! 「ここにいるメンバーにAKB48の未来を託します」のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!