いまノリにノッているジャニーズジュニアが関西出身で昨年10月に結成された『なにわ男子』だ。

 関西ジャニーズジュニアの西畑大吾、大西流星、長尾謙杜、大橋和也、藤原丈一郎、高橋恭平、道枝駿佑の7人で結成されているグループで、関西ではジャニーズWEST以来、4年ぶりのグループとなる。関ジャニ∞の横山裕と大倉忠義がプロデュースに携わっていることでも知られる。4月1日に放送されたフジテレビ系音楽番組『HEY!HEY!NEO』にも単独で出演したが、業界内ではジャニーズ事務所“一押し”のグループとも言われているのだ。ある音楽関係者は、「ちょっと前も、あるグループのコンサートの取材になったとき、『この子達を紹介させて』と報道陣に紹介してましたが、猛烈プッシュぶりはすごいです。“次はなにわ男子だね”というのが、業界内ではまことしやかにささやかれています」と語る。

 ただ、決して事務所の押しだけでもない。中でもメンバーの西畑は2014年にNHKの朝ドラ『ごちそうさん』、2016年の『あさが来た』と出演しており、人気も高い。

「ある週刊誌が主催した『好きなジュニアランキング』でもトップ10に入るくらいです。次世代のスターとも言われており、ジュニアの中では圧倒的な人気で、今月からはABCテレビの情報番組『キャスト‐CAST‐』にレギュラー出演しています。まだまだ事務所の押しが強いというイメージのグループですが、その人気は侮れないと、局内では先物買いするべきではないかという意見も出ている。これから出演番組を増やしていくかもしれません」(テレビ関係者)

 大きく飛躍するときが来るか。

なにわ男子、関西出身のジャニーズグループが“ゴリ押し疑惑”も業界内で大注目!のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!