キンプリ高橋海人が少女漫画家デビュー!ジャニーズ事務所のマルチ戦略を担う若きアイドルにはプレッシャーの画像1

King & Prince – Johnny’s net

 

 ジャニーズ期待のアイドルグループKing&Princeの高橋海人が、なんと“少女漫画家”としてデビューを果たす。12日発売の「ベツコミ(小学館)」に読み切り作品が掲載されることから、キンプリファンのあいだでは、高橋の新たな才能を目の当たりにできるとカウントダウンがスタート。しかし、キンプリとしてデビューして早々のマルチな活動には、群雄割拠のエンタメ業界を生き抜くための戦略があるという。

「僕のスーパーラブストーリー!!~王子と男子は紙一重!?~」で少女漫画家デビューする高橋は、根っからの少女漫画好き。2つ上の姉の影響で小学生時代から読んでおり、ジャニーズJr時代には趣味で描いていたという。好きな分野を活かした新たな挑戦に高橋も喜び爆発。「まさかデビューできるとは思っていなくて、夢見心地です」と語っている。

 ただ、人気アイドルとしての活動と並行した執筆活動は、本業に悪影響を及ぼすことはないのだろうか。一般市民の素朴な疑問だが、ジャニーズ事務所、そして出版業界にとって大きなメリットがある。出版不況が叫ばれる現在、ネームバリューのあるアイドルの作家起用は、膨大なファン層を取り込める。アイドルにとっても本業以外の活動により新たな仕事の柱が生まれ、他アイドルとの差別化が図れる。ただここまでとんとん拍子で高橋がデビューしていることから察するに、天下のジャニーズといえどアイドル業にあぐらをかいていられないということか。切実な台所事情が見えてくる。

 高橋は「いつかアニメ化、映画化までいったら」と目標を語るが果たして。マルチな活動を始める、いちグループ所属のアイドルは“日陰”の印象もある。事務所の大きな期待を背負う高橋が、今後大輪の花を咲かせるか注目だ。

キンプリ高橋海人が少女漫画家デビュー!ジャニーズ事務所の“マルチ戦略”を担う若きアイドルにはプレッシャーのページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!