広島カープ「最下位で異常な空席」ファン手のひら返しに疑問の声。延長史上最多12失点で沈む「鯉の時代」の画像1

 

 11日のヤクルト対広島は15-3でヤクルトが圧勝。ちなみにこれ「延長戦」での結果だ。

 広島は3―3で迎えた延長10回、5番手の中崎、そして6番手の中田が信じられないくらいの大炎上。結果、延長戦史上最多となる「1イニング12失点」を喫し、3連敗となった。

 3―3の同点で延長戦に突入、ここまではよかった。マウンドに上がったのは守護神中崎。

 ところが、1死満塁で菊池の失策とバレンティンのタイムリーで2点を勝ち越され降板。2番手の中田も雄平、西浦らに連打を浴び打線を止められず。ヤクルトは打者16人で8安打12得点を挙げた。

 延長戦の1イニング12得点は、96年の横浜―阪神戦で阪神が延長12回に11得点を奪ったのを上回るプロ野球最多記録。広島は3連敗となった。

 セリーグ三連覇の絶対王者に何が起こったのか。抜群の強さを誇るはずのマツダスタジアムで2試合連続2桁失点での敗北。打線も波に乗れず、3勝8敗でまさかの最下位に沈む。

広島カープ「最下位で異常な空席」ファン手のひら返しに疑問の声。延長史上最多12失点で沈む「鯉の時代」のページです。エンタMEGAは、スポーツの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!