先月19日に公式サイトで一般男性との結婚を発表した西野カナ。

 今年2月に無期限での芸能活動休止を発表した際には、その理由としてさまざまな憶測が流れたが、結果として結婚がその理由と相成った。

「“恋愛ソングのカリスマ”と言われる西野さんですが、デビュー以来、ほとんど熱愛が報じられたことはなく、そのプライベートはベールに包まれていましたが、密かに元マネージャーと付き合っていたとなれば今まで浮いた話が出ないのも納得です」(スポーツ紙の芸能デスク)

 西野と結婚相手の市川海老蔵似の元マネージャーは、16年の秋に“お泊まり愛”を写真週刊誌の『FLASH』に報じられているが、「“身内”のマネージャーということで、タレントからすれば『恋人じゃなく、身の回りの世話をしてくれているスタッフ』など、言い逃れしやすい相手ですからね。同誌の編集部も熱愛を報じるうえで、お泊まりという状況証拠だけでなく、2人が恋人関係にある情報を入手するなど、相当自信があったのでしょう」(同スポーツ紙デスク)

 同誌による熱愛報道後、お相手の男性は西野のマネージメントを外れて、所属事務所のグループ会社で働きながら西野との交際を続けていたようだが、インターネット上の反応などを見ると、2人の結婚に関して世間は概ね好意的だ。

 別の芸能事務所のマネージャーはこう語る。

「昨今は剛力彩芽さんとZOZOの前澤友作社長や石原さとみさんとSHOWROOMの前田裕二社長、深田恭子さんとシーラホールディングスの杉本宏之会長など、人気女性タレントとIT社長との交際、熱愛が目立ちます。そうした“いかにも”な玉の輿婚狙いではなく、気心知れた身近な一般男性との純愛のようなイメージがある今回の西野さんの結婚が好意的に受けとられるのも分かる気がします」

 さらに、西野の結婚は意外にも芸能界内での評判もいいとか。

「前提としてマネージャーがタレントという商品に手をつけることはご法度なのですが、最近はウチらの業界も人材不足が甚だしいですからね。とくにマネージャーは仕事がハードなわりにプライベートとの線引きが曖昧で休みも少なく、給料も安い。今の若い人たちが嫌がりそうな労働要素満載ということで、大手事務所でさえもなり手がいなくて困っています。ぶっちゃけた話、たまにはこうした夢のあるエピソードも業界活性化という意味ではアリなのかなと(笑)」(前出のマネージャー)

 西野の結婚が人材不足の芸能界を救う!?

剛力彩芽、石原さとみと格の違いを…西野カナ、海老蔵似マネージャーの結婚と業界の評判のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!