手越祐也が悩めるジャニーズ帝国の救世主に!? 意気込む本人とは裏腹に、気分屋キャラが仇となり世間は冷ややかの画像1

 

 ジャニーズの“だらける獅子”が、いよいよ本気モードだ!

 人気アイドルグループ・NEWSの手越祐也が、来たる2021年以降の“ジャニーズの看板アイドル”になるべく息巻いているらしい。2020年をもって活動休止することを発表している嵐や、渋谷すばるに続き錦戸亮の脱退が噂される関ジャニ∞など、ジャニーズ事務所は過渡期を迎えている。

 スターを多数輩出している巨大事務所ゆえに、変化は低迷を招きかねないだけに、社長はじめ幹部は頭を悩ませていることは間違いない。果たして、手越はその救世主になれるのか。

 手越の心に火を付けたのは、錦戸の脱退報道。手越が「時は来た」とつぶやいたとの情報が芸能界に広まっている。錦戸はかつてNEWSを脱退し関ジャニ∞を選んだ、手越にとっては因縁の相手。その錦戸、そして関ジャニ∞が危機にひんしているということは、後続グループに甘んじているNEWSにとってはチャンスだ。

 アイドルらしからぬ夜遊びや先輩にも臆することなく牙をむく言動で、ジャニーズきっての“ヒール”としてバッシングも受けてきた手越。一時期は手越にNEWS脱退説が流れるなど、陰りが見え始めていた矢先の光明をきっかけに、手越は上昇志向という強みを取り戻せたようだ。

 手越の燃えさかる気持ちと相反して、ネット上は冷ややかな反応。気分屋としても有名なだけに、すぐに諦めるという見方が強いようだ。

手越祐也が悩めるジャニーズ帝国の救世主に!? 意気込む本人とは裏腹に、“気分屋キャラ”が仇となり世間は冷ややかのページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!