このまま高視聴率をキープしたいとろころだが、ネット上ではファンがざわつく事態も起きているようだ。

 4月1日にスタートした広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』が、初回平均視聴率22.8%の好発進となった。第2話で20.9%に下降するも第3話23.0%とV字回復。大成功を収めた前期の『まんぷく』と同レベルの水準となっていることで、NHK関係者も安堵しているに違いない。

 そんななか、4月2日発売の『FLASH』にて「広瀬すず小悪魔7大証言」という記事が掲載されたのだが…。

「同誌は、広瀬の小学校、中学校の卒業アルバムを入手。併せて同級生らの証言を紹介しています。それによると、中1から事務所に所属してモデル活動を始めていた広瀬は、当然のように学校の人気者で上履きを盗まれたこともあったそう。衝撃的だったのは、広瀬が中1の時にはすでに恋人がいたこと。相手は同級生のヤンチャな男子だったようです。また中3の時には隣の学校の男子と付き合うなど、早熟だったことが伺えます。ブレイク後の広瀬は事務所が徹底ガードしていることで知られていますが、すでに中学時代から恋人がいたことで、一部のファンは『ウソだと信じたいけど…』とショックを受けているようです」(週刊誌記者)

 そんなファンの動揺が広がれば、『なつぞら』の視聴率にも影響を及ぼしかねないが、今後は男性視聴者には“あるシーン”が期待できそうだという。

「広瀬は幼少時代が終了する3週目以降にメインで登場する予定となっているようです。ドラマの序盤は牧場が舞台ということもあり、今後は広瀬が、牛からミルクを絞り出したり、馬に乗って身体を揺らしたりするシーンが見られるかもしれません」(テレビ誌ライター)

 そうなれば、ドラマの視聴率も右肩上がりとなること間違いなし!?

広瀬すず「中1で彼氏がいた」情報に「嘘だと信じたい」の声と『なつぞら』に影響のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!