こうしてみると、改めてその偉大さがわかるというものだ。

 4月4日発売の『女性セブン』が「木村拓哉・福山雅治・山下智久が中国でつぶやく『日本では言えないこと』という特集を掲載。最近日本人俳優たちが続々と中国のSNS『微博(ウェイボ)』にアカウントを開設しているという。

「7年前から中国のファン向けに投稿を開始していた福山雅治は、4月スタートの主演ドラマ『集団左遷!!』(TBS系)のロケ現場の舞台裏を写真入りで公開。また、昨年末から投稿を開始した木村拓哉は私服や自分が釣り上げた鯛、ジムでトレーニングした際の肉体美がわかる写真などをアップし、積極的にユーザーと交流しているようです」(週刊誌記者)

 記事中には「フォロワー数ランキング」も発表されており、福山は495万人で2位、中国ではアイドル級の人気を誇る卓球の福原愛が441万人で3位。これに水原希子、浜崎あゆみ、赤西仁、山下智久らが続いている。そんな有名人たちを押さえてぶっちぎりの1910万フォロワーで1位となっているのが、女優の蒼井そらだ。

「2010年から中国に拠点を移している蒼井は、中国で最も有名な日本人と言っても過言ではありません。18年の元旦に結婚宣言した投稿には、80万以上の『いいね』がつき、『ウェイボ』の閲覧数が2億5000万を超える人気ぶりでした。歌舞伎町では、中国人富裕層から『蒼井そらをセッティングして欲しい。300万円出すから』と無茶な依頼を受けたお店もあるほど。蒼井本人は『私が有名になることで申し訳ないなと思う部分はある』と殊勝に語っていますが、木村も福山も中国での格付けでは蒼井の足元にも及ばないと思いますよ」(週刊誌記者)

 5月に双子を出産予定の蒼井。中国では福山のドラマの話題は消し飛んでしまうことだろう。

木村拓哉、福山雅治をも凌駕!中国『微博』フォロワー数断トツ1位は?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!