あの噂はやはり本当だった?

 元AKB48の島崎遥香が4月3日放送の『有吉大反省会2時間SP嘘つき26人集結VS大吉バカリ指原』(日本テレビ系)に出演。アイドル時代の“塩対応キャラ”や、男性に興味がないというスタンスは「嘘だった」と明かした。

「恋愛禁止だった当時から『男にモテたい』願望があったという島崎ですが、その流れで有吉弘行から口説いてきた芸能人を聞かれると、ウーマンラッシュアワーの村本大輔から食事に誘われたことを告白。2人きりでお寿司を食べようと言われ、プロデューサーの秋元康氏に相談したところ、『村本なら大丈夫じゃない?』と太鼓判を押されたことで、食事に行ったそうです」(テレビ誌ライター)

 しかし、視聴者が気になっていたのは、「見届け人」として出演しているはずの指原莉乃が、なぜか島崎がゲストの時間に限っていなかったことだった。

「2人の不仲は有名でしたよ」と言って、アイドル誌編集者がこう明かす。

「16年のAKB選抜総選挙で上位だった8名が、『週刊少年マガジン』で表紙とグラビアに水着姿で登場する企画があった。しかし、島崎だけはチェック柄のワンピース姿。以前にも島崎は総選挙関連本の水着撮影を現場でボイコットし、指原が秋元氏に直接電話してなんとか撮影させた伏線があったため、1位の指原が8位の島崎に対して、『何で水着を着ないの? みんなが着てるんだからおかしいでしょ!』と叱りつけたのです。しかし、島崎が指原を無視したため、両者の対立は修復不可能になった」

 今さら塩対応は“嘘”だったとうそぶく島崎に指原は同じフレームに収まりたくなかったのかもしれない。

指原莉乃が「不仲」島崎遥香の『有吉大反省会』出演で“見届け人”をボイコットのページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!