これぞTHE ジャニーズ! 亀梨和也の正確無比なピッチングにファン大興奮!の画像1

KAT-TUN・亀梨和也

 4月1日放送の『FNS番組対抗 オールスター春の祭典 目利き王決定戦』(フジテレビ系)。出場者のKAT-TUN・亀梨和也が“スター性”を発揮して、ファンから「これぞ真のジャニーズアイドルだよ!」「最高という言葉以外見つからない」と賛辞が贈られている。

 番組にはフジテレビの新ドラマ・映画から、窪田正孝・松坂桃李・長澤まさみら豪華キャストが集結。亀梨は木曜ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』の共演者である二階堂ふみや江口洋介らと参戦した。

 亀梨の見せ場が訪れたのは、「芸能界最強ピッチャー・亀梨和也のコントロールを目利きしろ」というコーナー。少年野球の世界大会出場経験を持つ亀梨が、ピッチングによってターゲットのボウリングピンを何本倒せるか予想するクイズだ。ピン10本・3球勝負の大一番に、亀梨は「野球のお仕事させてもらってるんで、何本かは絶対に当てないとマズいなとは思います」と緊張した様子。それでも「ジャニーズを背負います」と覚悟を決め、スタジオからは拍手が巻き起こる。

「亀梨から放たれた第1球はやや左に逸れて、6本倒したものの残り4ピンの間隔が開いてしまいます。さらに第2球は投げた瞬間指に引っかかってコースを外れ、1本も倒すことができません。それでも冷静にコースを分析した亀梨は、最前列と後列のピンを弾き飛ばして最後列の2本が倒れるコースをイメージ。緊張感が漂う中第3球が放たれると、なんとボールは宣言通りのコースをたどって残り4ピンを全て倒すことに。パーフェクトを達成した瞬間スタジオは大歓声に包まれ、盛大なスタンディングオベーションが送られていました」(芸能ライター)

 パーフェク達成の亀梨に、ネット上では「流石すぎてTHE ジャニーズ感に溢れてる!」「やっぱりアイドルってこういう人を指すんだよ」「わたし今日から亀梨推しになります」「最近のジャニタレはユルさが目立ってたけど、決める場面でバシッと決める亀梨くん素敵すぎでしょ」と大盛り上がり。そんな元野球少年の亀梨は、過去に野球への熱い思いを明かしたこともある。

「2018年2月放送の『マルコポロリ!』(関西テレビ)にゲスト出演したときのこと。“リベンジしたいこと”を問われた亀梨は、『もう1つ人生があったなら野球でどこまでいけたのかなって』と明かしています。またMC・東野幸治から『ジャニーズの野球大会で子ども相手にインハイついたりカーブかけたり、最低やで!』とツッコミが入ると、『真剣勝負ですから!』と笑いながら答えていました」(同)

 もしも亀梨が芸能界入りしていなかったら、「プロ野球選手・亀梨和也」が誕生していたかもしれない。

これぞ“THE ジャニーズ”! 亀梨和也の正確無比なピッチングにファン大興奮!のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!