3月末でTBSを退社した宇垣美里。4月からはオスカープロモーションに所属し、マルチな活躍が期待されている。

 3月31日の『サンデー・ジャポン』(TBS系)では同日付で退社する宇垣の軌跡を放送。幼少期から学生時代の宇垣アナの写真を公開したほか、入社試験のカメラテストの映像や番組前のメイクの様子など、普段は見ることのできない舞台裏が公開された。しかし、放送を観たテレビ関係者は“2つの不安”を抱いたという。

「番組では生放送前の打ち合わせの模様も流されました。その際、宇垣はスタッフに対して、『こっちのほうがいいんじゃないかなって』とスタッフにダメ出し。番組ロケでも『私いつも思うんだけど、同じこと何回も撮って、その2回目や3回目が良かったことがあるの?』とかなり強い口調でディレクターに詰め寄るシーンがありました。彼女は自分の言いたいことを腹に抱えたままではいられないタイプで、本人もそれを認めています。しかし、フリーになって同じことをスタッフに言えば、おそらく“もう二度と仕事したくない”と思われるでしょうね。あえて罵倒シーンが流されたのもスタッフの意趣返しだったように思えます」

 そして、もう一つ懸念されるのが、彼女の「旅行好き」だという。前出のテレビ関係者が続ける。

「今後の活動についてテリー伊藤が『女優も似合いそう』と持ち上げたのですが、その流れで彼女はすでに雑誌やイベント、テレビ収録のイベントが決まっていると明かしました。しかしその直後には『いっぱい旅行にも行くんですけど。とりあえず旅行に』と語り、週刊誌の連載コラムでも『4月にヨーロッパに行かないとウズウズしてしまう体になっている』と綴っています。フリー転身直後は最も需要があり、そこでの評価が決まる大事な時。せっかく仕事のオファーをしたのに『旅行に行っているから無理です』なんて言われたら、やはり『二度と呼ぶか』となってしまうでしょう」

 TBS時代は思うままに振舞ってきた宇垣。新人タレントとして低姿勢で仕事に臨むことができるだろうか。

宇垣美里「2度と呼ぶか!」と……フリー転身で抱える“2つの不安”のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!