3月末でTBSを退社した人気アナウンサーの宇垣美里が、オスカープロモーション入りしたことを発表した。

 宇垣はいくつかの芸能プロから話を聞いたうえで、選んだ理由について「ドラマ、バラエティ、舞台、映画、など総合的にマネージメントをやっておられる事務所だと感じました。今後MC以外の仕事が充実できると考え、オスカープロモーションでお世話になることを決めました」と語り、幅広い活動を求めているようだ。

 そんな宇垣のフリー転身に敵対心を燃やしているのが、“キャラかぶり”と言われる、TBS時代の先輩・田中みな実だ。

「田中は宇垣が入社した年の9月にフリー転身。それほど接点はなかったようですが、宇垣が『闇キャラ』として語られるようになった頃から、『キャラをパクられた』と周囲に憤り、不仲説が囁かれるようになった。宇垣のラジオ番組に出演した際にも、ダメ出しを連発して終始上から目線でしたね」(芸能記者)

 2人のライバル関係に目をつけたのが、各局のバラエティ担当者だという。

「すでに2人を番組内で対決させようという企画が多数あがってきているようです。『アナウンス技術』『女優力』『クイズ対決』『グラビア対決』など枚挙に暇がないほど。中には『叩いてかぶってジャンポン』といった肉弾戦企画もあったとか。ここぞとばかりに、宇垣に痛烈な一撃をお見舞いしようとする田中の顔が目に浮かびますね」(テレビ関係者)

 せっかくなので、田中が雑誌『an・an』で見せたようなサービスショット対決もリクエストしておこう。

宇垣美里のフリー転身で各局が「田中みな実とのバトル」企画を続々提案のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!