長寿番組「徹子の部屋」に打ち切り疑惑!後継者候補のサンドウィッチマンから察する、テレ朝の本気っぷり!の画像1

 

 令和の長寿番組になるだろうか・・・。

 黒柳徹子がMCを務めるトーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系)が終了し、後継番組として人気お笑いコンビ・サンドウィッチマン司会のトーク番組がスタートするとの噂が一部で挙がっている。

 歴史的長寿番組「打ち切り」というセンセーショナルな話題に現実性を疑いたくなるが、飛ぶ鳥を落とす勢いのサンドウィッチマンの抜擢が信憑性を感じさせる。本当のこととなれば、テレビ朝日にとっては昼の看板をすげ替える「大勝負」となる。「週刊女性」(主婦と生活社)でも、以前に同番組の「2020年打ち切り説」を報じていた。

 この昼帯番組の刷新報道には、黒柳が引退間近との噂が関わっている。今年2019年10月にテレビ活動を終了するのではと言われており、「ザ・ベストテン」や「NHK紅白歌合戦」という国民的歌番組の名司会者として国民に親しまれてきただけに、現実のものになればひとつの時代の終焉となる。

 黒柳の後継者として名前が挙がるサンドウィッチマンは、好きなお笑い芸人ランキングで明石家さんまの牙城を崩したことから、「令和時代の天下取り候補」として業界内でも注目の的。多数のレギュラー・準レギュラーを抱える売れっ子だが、特にテレビ朝日のお気に入り芸人として、「帰れマンデー」「10万円でできるかな」ではメインMCを務める。ジャニーズやAKB、吉本興業など事務所を選ばずオールマイティに絡めるキャラクターが人気の背景にあるようだ。

長寿番組「徹子の部屋」に打ち切り疑惑!後継者候補のサンドウィッチマンから察する、テレ朝の本気っぷり!のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!