キンプリ「平野紫耀 with B」で24時間テレビ落選か。 トップアイドルへの鍵の画像1

 

 日本テレビ夏の風物詩「24時間テレビ」の今年のメインパーソナリティは、アイドルグループ・嵐が務めることが発表された。これは3月16日放送のバラエティ番組「嵐にしやがれ」で明らかになったもの。活動休止を控え、大舞台で5人の勇姿を見られるのはファンにとっては嬉しいことだろう。だがしかし、一方で落選の憂き目にあったアイドルグループがいる。いま人気急上昇中のジャニーズユニット・King & Princeだ。

 嵐は2020年をもって活動休止することから、ジャニーズとしては芸能界を牽引する“後継ユニット”の育成が急務。その一番手として芸能関係者のあいだでも名前が挙がっていたのがKing & Princeだ。中心メンバーの平野紫耀はドラマ主演やバラエティなど幅広いフィールドで活躍し、その天然っぷりを見ても国民から愛される素質十分の金の卵。

 ユニットとしても2018年のオリコン新人部門シングル1位・2位を独占、2019年に入ると「Yahoo!きせかえ」「UHA味覚糖 ぷっちょ」のCMキャラクターに抜擢されるなど、着実にスターダムを駆け上がっている。

 こうした活躍ぶりから、2019年の24時間テレビ・メインパーソナリティに起用されるのではないかとささやかれてきた。しかし、フタを開けてみれば安定の嵐。嵐は活動休止前の2020年に起用されると思われていただけに、なんとも中途半端な印象は拭えない。

 この決断の背景には、ジャニーズとしての冷静な判断があったようだ。King & Princeは注目株とはいえ、世間的に見れば「平野紫耀頼みのアイドルユニット」の域を脱していない。

キンプリ「平野紫耀 with B」で24時間テレビ落選か。 トップアイドルへの鍵のページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!