関ジャニ∞錦戸亮、クラプトンの名曲「Layla」を英語で熱唱しファン大興奮!「永遠にリピートできる」の画像1

関ジャニ∞・錦戸亮

 3月31日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)では、関ジャニ∞・錦戸亮がエリック・クラプトンの名曲を熱唱。圧巻のパフォーマンスに、ファンから「英語で歌う姿がカッコよすぎて死にそう」「錦戸くんから放たれるセクシーさがヤバい!」と大歓声が巻き起こっている。

 この日の放送では「プロが厳選! やっぱりカッコいい! ギター特集!」をテーマに展開。スタジオには尾崎豊や松田聖子など数々の名曲でギターを担当したソロギタリスト・鳥山雄司、ポルノグラフィティの新藤晴一、海外フェスにも出演する注目のギタリスト・Reiが登場してトークを展開した。

 ジャムセッションでは誰もが耳にしたことがあるギターの名曲、エリック・クラプトンの「Layla(レイラ)」をチョイス。錦戸は「今日は弾かないですよ」とボーカルに専念し、ベース担当の丸山隆平は「可愛らしいフレーズがBメロで入ってくるので、そこが頑張りどころ」とやる気をみなぎらせた。セッションには鳥山・新藤・Reiのトリプルギターアレンジに加え、特別コーラスとして歌手の今井マサキも参戦。本番直前には、錦戸が笑顔を見せつつ「ああ緊張するな、コレ」と漏らす様子も映し出される。

「クラプトンの『Layla』といえば、ロック調のギターフレーズが有名な往年の名曲。CMなどにも用いられているので、若い世代にも親しまれているのではないでしょうか。そんな名曲のセッションでギタリスト3人がイントロで見せ場を作ると、錦戸もAメロからエンジン全開のボーカルを披露します。ハンドマイクを握りハスキーボイスで英語詞を歌い上げる姿からは、普段のパフォーマンスとは違う錦戸の色気がムンムン。ダイナミックな歌唱力と違和感のない発音でセッションを盛り上げ、スタッフから『OKです!』という声がかかると大きな拍手が捧げられていました」(芸能ライター)

 そんな錦戸の姿に、ネット上は「大好きな曲だから楽しみにしてたけど、錦戸くんの魅力で高揚感がすごい」「普段のステージだってすごいのに洋楽もお手の物とか最強?」「錦戸亮の『Layla』、永遠にリピートできる」「錦戸くんの“レイラ”の発音が色っぽくて呼ばれたさマックス」と大盛り上がり。歌唱力に定評のある錦戸だが、名曲セッションといえばギタリスト・MIYAVIとの共演も高い評価を得ている。

「2018年12月放送の『関ジャム 完全燃SHOW』で錦戸は、MIYAVIとのツインボーカル&ギターでhideの『ピンクスパイダー』に挑戦しています。セッションではベース・丸山とドラム・大倉忠義、バイオリニストのNAOTOも加わってそれぞれの技巧プレイが炸裂。魂のこもった錦戸の圧巻パフォーマンスもあり、ファンから大絶賛を浴びるコラボになりました」(同)

 英語曲でも遺憾なく魅力を発揮した錦戸。次はどんなセッションを見せてくれるのか、目が離せない。

関ジャニ∞錦戸亮、クラプトンの名曲「Layla」を英語で熱唱しファン大興奮!「永遠にリピートできる」のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!