井上陽水がNHKホールで「氷の世界」、「夢の中へ」など20曲を披露! 「私の曲は後ろ向きな曲が多いですが…」

編集部

井上陽水

 歌手・井上陽水が19日、東京・渋谷のNHKホールで「井上陽水 コンサート2016 『UNITED COVER 2』」を行った。

 ステージは、『ミスコンテスト』から始まり、デビューアルバムのリード曲『断絶』の弾き語りや最新アルバム『UNITED COVER 2』に収録されている松任谷由実の『リフレインが叫んでる』、吉田拓郎の『リンゴ』など、親交のあるアーティストのカバー曲も披露。
 ステージ後半でも、『ジェラシー』や『最後のニュース』、『氷の世界』などヒット曲のオンパレードとなり、全20曲を歌い上げた。

 陽水といえば、コンサートのMCでの軽妙なトークがファンの間で広く知られている。
 この日のアンコールでも、「私の曲は後ろ向きな曲が多いですが、せめてアンコールでは前向きに」と会場の笑いを誘いながら、『渚にまつわるエトセトラ』、『夢の中へ』を歌うと会場は総立ちに。
 最後は、自らが作詞を務めて、玉置浩二が作曲を手掛けた名曲『夏の終りのハーモニー』を見事に歌い上げて、万雷の拍手の中でコンサートは幕を閉じた。

写真・有賀幹夫

井上陽水がNHKホールで「氷の世界」、「夢の中へ」など20曲を披露! 「私の曲は後ろ向きな曲が多いですが…」のページです。エンタMEGAは、エンタメ音楽の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!