ロックスターとなったONE OK ROCKだが、いままで解散の危機はあった。最年少のベース・Ryotaは、加入当初に他の年上メンバーと会話できず、デビュー前の時点で辛い心情を告げたという。その際他のメンバーが「Ryotaがいてくれないとあかん」と励まし、4人での船出を無事迎えられたという逸話がある。それを知るファンからすれば「初心を取り戻してほしい!」とTakaにぶつけたいところだろう。

 おそらく、バンド内部で多少の混乱が起こっているだろう。新アルバム「Eye of the Storm」は、代名詞のロックサウンドが鳴りを潜め、EDM調の楽曲に終始。音楽性ががらっと変化したTakaの心情を心配する声もある。

 ロックスターの散り際は、潔いよいものだ。ONE OK ROCKにとっても例外ではなさそうで、解散するとなったらあっという間ではないか。ファンは悲しくとも心の準備をしておくのが賢明だろう。

ワンオク・Takaが将来的な「解散」発言!現実味たっぷりのぶっちゃけトーンが示す、タイムリミットはもう僅か?のページです。エンタMEGAは、エンタメ音楽の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!