星野源と折坂悠太が第11回CDショップ大賞2019の大賞に輝く

編集部

星野源と折坂悠太が第11回CDショップ大賞2019の大賞に輝くの画像1

 

 

 18日、東京・白金高輪にて第11回CDショップ大賞2019の授賞式が開催された。

 過去1年間に発売された作品のなかから、全国のCDショップ店員の有志による投票で『本当にお客様にお勧めしたい作品』を選出する同音楽賞。過去には宇多田ヒカルや星野源、米津玄師が大賞を受賞している。

 今年のCDショップ大賞には、星野源の「POP VIRUS」が選ばれ、2016年の「YELLOW DANCER」に続く2度目の大賞受賞となった。

 また、新鋭・折坂悠太は「平成」で初の大賞受賞となり、盤石の魅力を発信するスターの偉大さと、ニューウェーブの勢いを感じさせる結果となった。

星野源と折坂悠太が第11回CDショップ大賞2019の大賞に輝くのページです。エンタMEGAは、エンタメ音楽の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!