キンプリ・平野紫耀はデビュー前から伝説だらけ! 少年漫画の主人公級エピソードに「神童かよ」とファン大興奮の画像1

King&Prince・平野紫耀

 3月14日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に、King&Princeの平野紫耀が登場。デビュー前の“逸話”が続々と明かされ、ファンから「完全に漫画の主人公キャラやん」「もはや歩く少年ジャンプ」と驚きの声が上がっている。

 King&Princeがデビューしてから1年経たずして、アイドル街道まっしぐらの平野。今回はそんな平野の“少年漫画”をひも解き、友人や恩師らの証言を交えながら知られざるエピソードが紹介されることに。さっそく平野本人から、小学生時代にバレンタインチョコを「一番多くて64個」もらったという証言が飛び出す。

 そんな平野の負けず嫌いなエピソードとして、幼なじみが小学生時代の「車いす登校伝説」を暴露。“階段飛ばしゲーム”に挑んだ平野は、最終的に階段の一番上から踊り場までの15段飛ばしに挑戦して「片足の重度の捻挫」をしてしまう。それでもめげない平野は、怪我をしていない足で着地すれば大丈夫だろうと15段飛ばしに再チャレンジ。結果「両足捻挫」のケガを負うことになり、車いすでの登校となった。

「モテエピソードから天然伝説まで幅広く掘り下げられた平野の年表ですが、運動神経の良さが際立つ貴重な映像も公開されています。中学生時代の平野をとらえた映像では、初挑戦でありながらバク宙を“サクッと成功”させる姿が。さらに平野が通っていた名古屋の有名ダンススクールの恩師は、『教えたらすぐに何でもできてしまい、10年に1人の逸材だと思っていた』と絶賛。ダンスを本格的に始めて半年という当時の映像には、先輩を差し置いてセンターでキレキレのダンスを見せる平野が映し出されていました」(芸能ライター)

 伝説だらけの平野に、ファンは「神童かよ」「そりゃチョコレート64個も貰うわ」「運動神経抜群のひと言に収まらないぐらいすごい!」「こんな王子様気質の子ども時代を送ってきた人ほかにいる?」「誰かいますぐ平野紫耀の人生を漫画化すべき」と大興奮。そんな運動神経抜群の平野が、現在の身体能力を遺憾なく発揮して話題を呼んだことも。

「2018年7月に放送された『ZIP!』(日本テレビ系)の企画で、平野が消防士に弟子入りしたときのこと。地上7mの高さに張られたロープを這って渡る、ロープ渡過訓練に挑みました。師匠の消防士からバランス感覚は褒められたものの、やはり途中でぐるりと体が反転。しかし平野は自力で元の体勢に戻してみせ、これにはほかの消防士から驚きの声と拍手が。見事渡りきった平野に、師匠からは『何回も反転して、それでも諦めなかったことが一番素晴らしい』と称賛の言葉が贈られています」(同)

 神童から人気アイドルへ。平野の人生そのものが1本の少年漫画のようだ。

キンプリ・平野紫耀はデビュー前から伝説だらけ! 少年漫画の主人公級エピソードに「神童かよ」とファン大興奮のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!