一番すごかった有名人は?

 雨の中、3月3日に行われた「東京マラソン2019」では多くの著名人や女子アナウンサーが激走し、観衆を沸かせた。

「著名人の中で最速はお笑いタレントでリオデジャネイロ五輪・男子マラソンのカンボジア代表としても知られる猫ひろしで、タイムは2時間半を切る本職ランナーレベル。また、3時間半を切るタイムで完走したノーベル生理学・医学賞受賞者で京大iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授は、なんと2週間前にも京都マラソンに出場して完走しています。日本テレビの滝菜月アナは5時間7分34秒、同じく尾崎里紗アナは5時間33分56秒でみごと走り切り、感激のあまり涙していたのが印象的でした」(スポーツ紙記者)

 ほかにも、お笑いコンビ・北陽の虻川美穂子、体操女子の2012年ロンドン五輪代表・田中理恵、サッカー解説者・北澤豪、モデルのアンジェラ芽衣らも完走を果たしているが、そんななか、意外なアイドルが驚きの記録を出していたことがわかった。

「昨年4月に指原莉乃プロデュースで誕生した声優アイドルグループ『=LOVE(イコールラブ)』の瀧脇笙古(たきわきしょうこ)です。現在17歳の彼女は16歳~18歳の男女や障害者、合計500人が参加した10キロの部に出場。48分20秒の好タイムで20位に入り、地元の神奈川県勢ではトップの成績となりました。瀧脇は『イコラブ』のオーディションではトップバッターで緊張して震えながら長渕剛を熱唱していたのが衝撃だったとの理由で合格した指原のお気に入り。正月にマラソン大会に出場した後、そのままの勢いで箱根駅伝の区間も軽く走り、その後終電がなくなったため、そのまま家まで走って帰ったという超人的な逸話の持ち主です。東京マラソンでの快走で、多くの業界関係者の目に留まったのではないでしょうか」(アイドル誌編集者)

“アスリート系声優アイドル”…芸能界に新たなキャラが誕生か!?

指原莉乃の秘蔵っ子アイドルが東京マラソンで神奈川県勢トップの大激走!のページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!