本人たちに罪はまったくないが、2人揃うとなると作品に変なイメージがついてしまうかも?

 放送中のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺ばなし~』の新キャストに菅原小春と夏帆が出演することが発表された。

「『いただてん』は第6話で大河史上最速で視聴率2桁割れとなり、その後も浮上できないまま苦戦が続いている。2人の他にも柄本佑、寺島しのぶ、黒島結菜、イッセー尾形、板尾創路の追加出演が決まりましたが、テコ入れとしてはやや中途半端なキャスティングにも見えます」(テレビ誌ライター)

 大河ドラマ初出演の菅原は世界的ダンサーとして知られ、昨年のNHK紅白歌合戦では米津玄師の「Lemon」歌唱中にダンスを披露し、話題を呼んだ。しかし、菅原が次に注目を浴びたのは意外な相手との熱愛話だった。

「『週刊女性』が高畑裕太との半同棲交際をスッパ抜き。高畑は親にも紹介し、結婚も見据えていたといいます。しかし、その高畑は過去に大騒動を起こしており、周囲は猛反対。関係者が仕事の影響を鑑みて別れるよう説得したと言われています。NHK大河の仕事が決まっていたのであれば、それも納得です」(芸能記者)

 一方の夏帆も、最近メディアで扱われる際の肩書きは「新井浩文の元カノ」となっている。

「新井浩文容疑者が逮捕されて以降、“裏の顔”が次々と奉じられ、中には性癖を暴露した知人もいた。必然、夏帆に対してもそうだったのではないかと下衆な想像をした人も多かったようです。2人は昨夏に破局していたようですが、夏帆のイメージが損なわれたのは間違いない」(前出・芸能記者)

 もし『いだてん』で菅原と夏帆が同じ画面に収まったら、またぞろネット上がざわつくことになりそうだ。

菅原小春&夏帆の『いだてん』起用で元彼がチラつく? 作品に負のイメージが?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!