業界内での評価は「大爆死確実」から「大ヒット確実」に180度転換しているようだ。

 日本でも社会現象を巻き起こした米人気ドラマ『24 TWENTY FOUR』をリメークした『24 Japan』が、テレビ朝日の開局60周年記念番組として2020年に放送される。

 制作発表以降、主演は誰か注目されているが、あの大河俳優に決定したとの情報が飛び交っているという。

「日本版ジャック・バウアー役にはさまざまな候補が取り沙汰されており、有力だったのが西島秀俊、堺雅人、唐沢寿明、鈴木亮平の3人。一時は『女性セブン』が唐沢で決定と報じましたが、彼は組織の上官役でジャックには鈴木が内定しているという噂。すでに鈴木はジャックを演じたキーファー・サザーランドに面会して、お墨付きをもらったといいます。鈴木は役作りのための激しい体重の増減が話題になりがちですが、もともとは肉体派俳優。アクションシーンはお手の物だし“日本版ジャック・バウアー”のイメージにも合う。大河ドラマ『西郷どん』に主演したことで、テレ朝60周年企画の主演を張る“格”も十分です」(芸能関係者)

 世界的な大ヒットドラマに傷をつけるわけにはいかない。近年は『相棒』や『ドクターX~外科医・大門未知子~』『科捜研の女』などを大ヒットさせた「ドラマのテレ朝」の意地もある。それだけに、局も相当力が入っているという。

「水谷豊、米倉涼子、沢口靖子ら“テレ朝ファミリー”が総出演することも決まっているようです。制作費が米ドラマ版の10分の1、敵も味方も“目的遂行のためなら殺人もいとわない”というコンプライアンスの問題、過激な描写に対するクレームなど、不安要素を指摘する声もありますが、それでもこの豪華キャストが勢ぞろいすれば爆死することは考えられません」(前出・芸能関係者)

 鈴木版ジャック・バウアーの怪演が今から楽しみだ。

鈴木亮平、日本版『24』でジャック役? 水谷、米倉、沢口の「テレ朝ファミリー」総出演かのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!