2月24日に放送された『ザ! 鉄腕! DASH!!』(日本テレビ系)の人気コーナー「0円食堂」。ゲスト出演したプロ棋士・加藤一二三をTOKIO・長瀬智也が気遣う場面が度々映し出され、「長瀬君の孫みがすごくて好感度爆上がり」「ひふみんをエスコートする姿から優しみが溢れ出とる」とファンを感動させたようだ。

「0円食堂」最年長ゲストとなった加藤は、長瀬と国分太一の到着を待たずに横須賀のマーケット内でのんびり食事をし、さっそく長瀬らを大笑いさせる。ようやくロケへ出発という段階になると、交渉初挑戦の加藤をフォローするため長瀬が「一緒に行きましょうか」と名乗り出る。

 ロケ車内で加藤と2人になった長瀬は、「嬉しいですよ、一二三さんの大ファンなんです僕」「すごい人なんだから」と加藤を称賛。実は将棋が大好きという長瀬は、加藤の言葉1つひとつに真剣な表情で聞き入っていく。さらに食肉加工・販売店に到着すると先に車を降りた長瀬が加藤の降車を待ち、「大丈夫ですか?」「メモ帳が落ちそう」と声をかける場面も見られた。

「食肉販売店で長瀬ら一行は、当初店員に『注文を受けてから加工するので(タダで渡せる)端材がない』と難色を示されていました。それでも長瀬は牛肉が好きだという加藤のために、粘り腰の交渉を展開。廃棄される牛脂に目をつけた長瀬に、店員は『そうきたかぁ』と驚きつつ赤身の残った脂身を提供しています。ちなみに番組放送中にTwitterで実況していた加藤は、『ひふみんも長瀬智也さん大好きです』と“相思相愛”宣言。続けて『大好物の牛肉のため粘りの一手で交渉してくださいまして、大変ありがとうございました』とツイートしているので、よほど長瀬の愛情が嬉しかったのでしょう」(芸能ライター)

 そんな長瀬と加藤の仲睦まじい様子に、ネット上では「ひふみんの言葉を真剣に聞く長瀬くん、本当に“好き”の気持ちが伝わってくる」「完全に“大好きなおじいちゃんのために頑張る孫”の構図で微笑ましい」「尊敬の気持ちとか気遣いとか、長瀬くん優しさの塊やん」といった声が続出。そんな長瀬の“優しさ”は、過去にもドラマ撮影中に発揮されたことがある。

「2016年に放送された長瀬主演ドラマ『フラジャイル』(フジテレビ系)で、共演俳優の津田寛治が長瀬の人柄についてドラマ公式サイトで言及しました。津田によると演技中に長瀬の肩を掴んだところ、勢いが強すぎて長瀬の手にしたコーヒーが盛大にこぼれてしまったそう。津田が謝罪しようとしたところ長瀬から先に『いや~良かったですよ』と声かけがあり、津田は『この人が主役なら、このドラマはきっといいドラマになると思いました』とコメントしています」(同)

 長瀬の誰にでも優しくできる性格が、いまなおファンに愛され続ける秘訣なのかも?

長瀬智也の“孫感”が大爆発!棋士・加藤一二三をエスコート「優しさの塊やん」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!