2月13日に巨人の片岡治大コーチとの結婚を発表したベッキー。人気ロックバンド『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音とのゲス不貞騒動を起こしたことで大きく好感度を落としていたが、結婚を機に周囲は完全復活のお膳立てを始めているようだ。

「過去にMCを務めていた『行列ができる法律相談所』に出演した際には、フットボールアワーの後藤輝基から『(なかなか番組に来ないから)なんかあったんすか?』と質問され、『ネット見ろ!』と返して不貞をネタにする余裕を見せていました。また、『普通にデートとか行ってんの?』と近況についても、『はい』と答え、幸せぶりをアピール。視聴率も17.0%と高い数字を記録し、彼女の結婚ネタは世間の関心を集めるのは間違いない」(テレビ誌ライター)

 一部では結婚したことで“不貞のみそぎ”は済んだと判断され大手企業がCM出演を検討中だと報じられるなど「結婚バブル」が予想されているが、意外にもテレビやイベント関係者は肩透かしを食らっている状況なのだという。

「2月22日発売の『FRIDAY』によれば、ベッキーの元にはPRイベントへの出演オファーが殺到。今こそ露出時、稼ぎ時なのにベッキーサイドは『結婚に関する質問はNG』と言ってくるそうです。ベッキー自身が『今度は浮気される側だね』『人の家庭を壊したのに』というアンチの声を気にしているのがその理由だといいます」(週刊誌記者)

「今度はご自分が浮気されないように、お幸せになることを心からお祈りしております」とは、女優の遠野なぎこが2月13日に放送されたバラエティ番組『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で放った皮肉コメント。これがネット上で拡散されると「遠野は嫌いだけど、今回ばかりは支持する」「よく言ってくれた」との賛同意見が続出している。

 遠野の一言が、ベッキーの完全復活を阻んでしまったようだ。

ベッキーの完全復帰を阻んでいた? 遠野なぎこ、結婚ネタはNGへの皮肉コメントのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!