高畑裕太が美女ダンサーと破局!仕事・私生活に苦難を呼び込む、「性のトラブルメーカー」というレッテルの画像1

 1月に熱愛が発覚した俳優・高畑裕太とダンサー・菅原小春が、すでに破局していると週刊女性が報じた。高畑が菅原の自宅に通う半同棲状態だっただけに、突然の破局には芸能関係者は驚いている。

「親にも紹介するなど、結婚を見据えて愛を育んでいた二人。その関係に亀裂が生じたのは、週刊新潮による直撃取材と言われています。菅原の自宅に取材陣が訪問したことに菅原はショックを受け、精神的負担となりダンスを続けられるか気をもんでいたようです」(芸能関係者)

 芸能界に生きる者として、可哀想ではあるがマスコミ関係者から追われるのは宿命である。こうした状況の中で愛を育めるのか、二人は熱愛報道の直後に関係者も交えて話し合いを行った。そして最終的には『今後は会わない、連絡もとらない』という苦渋の決断をしたという。

 ただ、このエピソードは美談にできるひとつの“説”に過ぎないというのが、芸能関係者からの意見。なんでも、高畑が巻き起こした『あの騒動』が交際後も重くのしかかっていたらしい。

「交際に対して菅原の知人たちは反対のスタンスでした。高畑は何を隠そう性絡みのトラブルを起こしましたから」(関係者)

 また、菅原のダンサー活動に支障が出るとの考えが原因という見方も。

「菅原は『ナイキ』とスポンサー契約中であり、私生活・仕事に関わらず、ナイキ以外のスポーツアイテムを着用するのは御法度。その他、『資生堂』や外資系アパレルメーカーともCM契約を結んでいることから、憧れの女性像を保つことが重要に。そのため、私生活のゴタゴタにより巨額の違約金が発生するリスクから、“問題児”である高畑との交際は、事務所サイドとしては早急に解消したい課題のようでした」(広告代理店関係者)

 二人の交際を、高畑裕太の母・高畑淳子は両手を挙げて喜んでいたらしい。しかし、ここに来てまさかのクラッシュ。あの騒動以来、高畑親子に吹き付ける『不幸の向い風』は、しばらく止みそうにないのだろうか・・・。

高畑裕太が美女ダンサーと破局!仕事・私生活に苦難を呼び込む、「性のトラブルメーカー」というレッテルのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!