17日深夜に放送された、アイドルグループ・欅坂46の冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)において、昨年11月に加入した2期生を1人1人紹介していく企画を実施。最後に登場した13歳・最年少の山崎天が、1期生メンバーを率いて踊る場面があり、「早くもセンターを奪取した!」「新たなエースの出現?」などと、ファンの間で反響を呼んだ。

 昨夏に開催された、乃木坂46・欅坂46・日向坂46(旧・けやき坂46)による坂道グループ合同オーディションによって、欅坂46には計9名の新メンバーが加入。先週から2週にわたり、自己紹介VTR&スタジオ初登場の模様が放送された。

「山崎は、リズムネタを得意とするお笑いコンビ・ジュリエッタが好きとのことで、ショート音楽動画コミュニティ『TikTok』で話題になったネタを披露することになりました。オーディション時のネット配信『SHOWROOM』部門において、『平手(友梨奈)さんとWセンターを組みたい』との目標を語ったことが話題になった山崎ですが、この日の収録では残念ながら平手は不在だったものの、先輩たちを従えて堂々のセンターポジションをゲット。『次世代エースとして一気に名乗りを上げた』『とんでもないメンタルの持ち主』などと、注目度が増したようです」(芸能関係者)

 初登場にもかかわらずアグレッシブな姿勢を見せた山崎だが、昨年12月に行われたファンへの初お披露目イベントでは、『山崎天の“天(てん)”は頂点の“てん”。欅坂46をアイドル界の頂点に導きます!』と宣言。「欅坂46には今までいなかったタイプ」「とんでもない逸材が加入してきた!」などと、ファンをザワつかせた。

「元々はAKB48が好きだったという山崎ですが、欅坂46のデビュー曲『サイレントマジョリティー』(Sony Records)のMVを見て以来、グループの虜になったとのこと。先月28日に発売された青年誌『週刊プレイボーイ』(集英社)のインタビューでは、『平手さんがずっと務めてきたセンターがどんなものなのか知りたいし、もし自分が組ませていただけることになったら、グループにどんな変化が起こせるのか気になるんです』と、貪欲な姿勢を見せました。欅坂46は今月27日に発売予定の『黒い羊』(同)まで8曲連続で平手がセンターを務め、一強ともいえる状態が続いていますが、山崎が革命をもたらすのではないかと期待が寄せられているようです」(同)

 出る杭は打たれるのが日本社会だが、山崎の志は折れることなくグループをさらなる高みへ引っ張り上げることができるか注目したい。

欅坂46・新メンバーの山崎天、“センター”奪取! 平手友梨奈の一強時代を終わらせる革命児となるかのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!