大泉洋『半沢直樹』の池井戸作品主演。ラガーマン再生物語も「もう飽きた」「いつも同じ」世間の声を越えられるか?の画像1

creative office CUE公式サイト

 俳優の大泉洋が、池井戸潤氏原作の連続ドラマに初主演。7月スタートの日曜劇場『ノーサイド(仮)』(TBS系)に主演すると報じられた。

 池井戸作品×日曜劇場といえば『半沢直樹』『下町ロケット』などヒット作目白押しの必勝パターン。さらに「新元号の最初の作品」である。原作はまだ執筆中ということで全容は明らかになっていないが、出世を絶たれた男と落ちぶれたラガーマンの再生の物語だという。

 大泉が演じるのは、大手製造メーカー中堅サラリーマン君嶋。幹部候補だったが、とあることがきっかけで地方工場への左遷。そこで同社ラグビー部のマネジャーを兼務し、ラグビーの知識も経験もないままチーム再編に挑むというもの。大泉は「今まで放送されてきた池井戸作品のファンでありましたので、とてもうれしく光栄。大きなプレッシャーも感じていますが、君嶋という役を全身全霊で演じたい」と意気込んでいる。

 いかにも「池井戸全開」の作品となりそうだが、伊與田英徳プロデューサー、演出の福澤克雄監督も『半沢直樹』『下町ロケット』と同じ。となると、やはりこれまでのような「ノリ」になるのは想像がつく……。

 となると、やはり少々「心配」だ。

「『半沢』で始まった池井戸作品のTBSドラマ化。ヒット作を連発していますが、『下町ロケット2』は、シーズン1と比較して視聴率は伸び悩みました。『陸王』などもそうですが、視聴者からも『内容も演出も全部いっしょ』『さすがに飽きてきた』と、苦境をみんなの力で打破していくシチュエーションに慣れてしまった部分もあるようです。とはいえ、それでも安定した数字が見込めますので、TBSは繰り返すんでしょうが……」(記者)

 果たして、今やトップクラスの人気俳優となった大泉は、この「マンネリ」を打破できるのか。

大泉洋『半沢直樹』の池井戸作品主演。ラガーマン再生物語も「もう飽きた」「いつも同じ」世間の声を越えられるか?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!