2月13日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に俳優の神木隆之介が登場。女性に寄り添う視点でトークを展開し、ファンから「理想の彼氏すぎて尊い」「やだ神木くんめっちゃイケメン!」と大歓声が巻き起こっている。

 この日の放送では“今さら男子に聞けない女子の悩み”をテーマに、街頭インタビューで女性が抱えている悩みをピックアップ。“男子の正解”をTOKIOメンバーとともに神木が答える流れとなった。最初の悩みは「彼と一緒に誕生日プレゼントを買いに行くとき予算を聞いていいか」というもので、神木は「苦しむくらいなら聞いた方が絶対楽になる」と回答。2人の関係性が築けていれば、予算を聞いても問題はないという。

 続いて「気になる男子が落ち込んでいるとき自分から声をかけるべきか」との声には、「気になる男子がいるならとことん攻めた方がいい」「些細な変化にも気づいてくれるんだ、見てくれてるんだって思ってくれるはず」とアドバイス。また「結婚前に貯金がないことを彼に伝えるべきか」という悩みには、「自分が不安を抱えているのであれば、先のことを考えているのであればお互い言い合った方がいい」と答えた。

「今回の企画で最後に飛び出した悩みは、『結婚を意識しているものの稼ぎが分からない彼氏に年収を聞くべきか』というものでした。神木はつき合ってすぐはNGとしながら“聞く”と答え、『「結婚したいと思ってるけど、これからのことを考えると現実的に考えてお金のことを話さないといけない。だからちょっと相談なんですけど」って言ったら』と提案しています。どの回答も神木なりに相手女性を思いやる内容になっていて、彼の独りよがりではない優しさが表れているのではないでしょうか」(芸能ライター)

 そんな神木の姿に、ネット上は「私が持ってる彼氏の理想像そのまんまの人や……」「神木くんの彼氏感が最高すぎて癒しすら感じる」「相手の気持ちに立って考えようとしてくれるのほんと素敵」「自分の娘が神木隆之介を彼氏として連れてきたら即答で結婚オーケー出すわ」と大盛り上がり。ちなみに神木は、過去にも“彼氏感”で話題になったことがある。

「2017年7月に“インスタグラムを再開した”という名目で、神木が“誰か”とだるまさんがころんだや卓球をしている画像を連投。ネット上では『彼氏感がすごい』と話題になりましたが、続く腕相撲ショットで“誰か”が男性だと分かって謎が深まることに。次の投稿では相手が俳優・浅野忠信と判明し、新しく始まるドラマ『刑事ゆがみ』(フジテレビ系)のPRだったと種明かし。アカウントはドラマに引き継がれ、壮大なオチが評判を呼んでいました」(同)

 次はどのような形で“彼氏感”を放つのか、神木の行動を見逃さないよう注目したい!

神木隆之介が女子の悩みに寄り添う“神回答”連発!「理想の彼氏すぎて尊い」とファンうっとりのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!