何が何でも「1位」という勲章が欲しかったのだろうか。

 2月3日に発売された、橋本環奈のセカンド写真集『NATUREL』(講談社)が初週売り上げ8560部を記録し3位発進となった。とはいえ、1位となった乃木坂46・生田絵梨花の『インターミッション』(同)は、発売5週目ながら2万7140部を売り上げ、累計20万5828部とその差は歴然だ。

 そんな橋本の写真集で問題となっているのが、“ドーピング商法”と揶揄されるそのあこぎすぎる売り方だ。

「写真集の初版には『1冊券』『3冊券』『5冊券』と、“お渡しイベント”に参加できる3種類の抽選券が付いています。特典は1冊買えば本人の手渡しで受け取れ、3冊購入で握手と1冊がサイン入り、5冊でサイン入り1冊と2ショットの写真が撮れる。1冊、3冊券は各250名、5冊券は100名限定で、倍率は30倍くらいだったようです」(出版関係者)

『NATUREL』の定価は3780円で一般的な写真集よりも高額。しかも、抽選に外れたら約2万円払って同じ商品が手元に5冊残るだけというのだから、購入するファンのリスクは大きい。実際、『メルカリ』や『ヤフオク』で大量に出品されているのだという。

「昨年8月には『週刊大衆』が、三上悠亜のグラビアを5ページ掲載。その際、抽選でカラオケデートの特典がつき、応募するには同誌を40冊買うのが条件となっていました。さすがにやりすぎだと社内で問題となったようです」(出版関係者)

「1000年に一人の美少女」と言われる橋本だけに、その称号に見劣りしない売り上げを達成しなければ、とのプレッシャーがあったのかもしれないが…。

「水増しでない実際の売れ行きが芳しくないのは、単に内容がイマイチだからですよ。『清純派』『お嬢様』と言われる生田は艶っぽい姿を披露し、ファンを歓喜させています。今の時代、可愛いだけの洋服写真集で満足させようとするのは難しいでしょうね」(アイドル誌編集者)

「かわいいけど変顔もできる女優」としての地位を確立している橋本だが、「艶技もできる」が今後の課題となりそうだ。

橋本環奈、“あこぎすぎる特典商法”でも写真集が大爆死のワケのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!