堀江貴文氏「マスコミクソ」池江璃花子選手に「がっかり」桜田義孝五輪相発言の切り取りにマジギレの画像1

 先日、白血病を告白した水泳の池江璃花子選手。日本中に驚きと心配の声が溢れたが、この出来事への有識者の発言に関し、別の箇所では猛烈な「批判」が巻き怒っている。

 それが、自民党の桜田義孝五輪担当相が、池江選手に関し「がっかりした」と発言した問題である。

 ネットニュースが出て、すぐさま世間から猛バッシング。多くの著名人や野党などもこの発言を取り上げ、とてつもない量の批判が降り注いでいる状況だ。桜田氏は13日の衆院予算委員会で「配慮を欠いた。おわびし、撤回する」と陳謝する事態となった。

「がっかり」という発言そのものは確かにうかつで、それだけ見ればバッシングも当然といえる。ただ、その「実情」は少々違うようだ。

 実業家の堀江貴文氏は14日、自身のTwitterで桜田五輪相と記者団のやり取り全文を報じたニュースを貼り付け「マジでマスコミくそ」とつぶやき、それが「共感」を得ている。

 実際「がっかり」発言をした映像を見ると、桜田五輪担当相は『病気のことなので、早く治療に専念していただいて、一日も早く元気な姿になって戻ってもらいたい』と語っている。記者の『競泳の有力選手だが』という質問には『金メダル候補で、日本が本当に期待している選手だから、本当にがっかりしている。早く治療に専念していただいて元気な姿を見たい』とも。つまり、全体的には池江選手の身を案じる内容だったともとれるのだ。

 堀江氏の発言は、マスコミの意図的な『切り取り』に対するものといえるだろう。

 ネット上でも堀江氏の発言に共感する声が多く「野党とマスコミの政権批判の材料」「テレビのコメンテーターもいいかげん」と、これまで怒りを露わにしてきた著名人や誘導するかのようなマスコミに批判が集中している状況だ。

 やはり、今できることは、回復を祈るのみなので、いらぬ批判を展開することではないということだ。

堀江貴文氏「マスコミクソ」池江璃花子選手に「がっかり」桜田義孝五輪相発言の“切り取り”にマジギレのページです。エンタMEGAは、社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!