このまま「CM俳優」として生きていくつもりなのだろうか。

 世界中で大ヒットしたドラマ『24-TWENTY FOUR-』の日本版が、『テレビ朝日開局60周年記念番組』として2020年に放送予定で、公式タイトルは『24 Japan』になるという。

 気になるのはキーファー・サザーランドが演じた捜査官ジャック・バウアーを誰が務めるかだ。

「ネット上では真田広之、西島秀俊、岡田准一、小栗旬、阿部寛、江口洋介などの名前が挙がっていましたが、発売中の『女性セブン』によれば、どうやら唐沢寿明に内定したといいます」(芸能記者)

 確かに、“動けるオジサン”の唐沢は適任だが、彼の前に白羽の矢が立った男がいたという。テレビ関係者が耳打ちする。

「堺雅人に話を持っていったものの、断られていたようですね。堺は『ソフトバンク』や『スカパー』のCMに出演しているため、テレビから消えたイメージはありませんが、実はドラマや映画の仕事はもう何年もやっていません。TBSが予定していた堺雅人の代表作『半沢直樹』の続編についても、『役のイメージがつくのが好ましくない』との理由で頓挫してきた。とはいえ、CMで見る堺の演技は『半沢』とほぼ同じように見えるのですが…。逆にテレビ界では『堺は同じ演技しかできない』との評価がされ始め、“使いにくい俳優”というレッテルが貼られています」

 ジャックのようなスーパー捜査官を演じる自身がなかったのが、オファーを断った理由だったのかもしれない。

堺雅人は「何をやっても半沢直樹」? ドラマ『24 Japan』主演を断っていた?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!