NEWS解散までのカウントダウンが始まった……不祥事続きの問題児集団に残された道はなし?の画像1

 

 またひとつ、ジャニーズの人気グループに解散の足音が…。

 度重なる不祥事やメンバー脱退説が報じられている4人組グループ・NEWSだが、解散を決定づけるかのようなニュースが飛び込んできた。それは、現在放送中のジャニーズ事務所アイドル出演の連続ドキュメンタリー番組「RIDE ON TIME〜時が奏でるリアルストーリー〜(フジテレビ系)」での出来事。1月11日からNEWS編がスタートし、昨年のグループ活動に密着した記録が、2月1日までの全4回にわたり放送されるとPRされていた。

 しかし、3回目の放送となった1月25日の番組序盤に「Last Episode」とのテロップがアップされ、NEWS編は残り1回を残し最終回に。翌週からは、10代から圧倒的な人気を集める後輩グループ「King&Prince」のドキュメントが放送されることとなった。

 この放送差し替えの背景には、年明けに起こった“手越のおいた”が関係していると芸能関係者は話す。「手越のネットゲームアカウントが流出し、ユーザー間のチャットで『NEWS脱退』をほのめかしていたことが判明しました。さらに、ツイッター上にも“手越が活動休止する”との暴露アカウントが現れています。そんな解散疑惑が熱を帯びるなかでの急な放送打ち切りですから、本当に“解散”や“活動休止”に向けた動きが進んでいる可能性があります(芸能関係者)」。

 手越といえば、レギュラー番組「世界の果てまでイッテQ!(日本テレビ系)」において、年明けからロケ企画は放送されておらず、スタジオでも以前のようなチャラさ加減も鳴りを潜めている状態。どちらかというと“感情がわかりやすい”イメージがあるだけに、テンションタダ下がりのコトが進行していると勘ぐりたくなる。

 もちろん、解散疑惑の原因は手越だけではない。昨年は、小山慶一郎・加藤シゲアキによる未成年飲酒強要事件が発覚。小山・加藤ともにレギュラー出演している生放送番組で謝罪し、小山は芸能活動自粛の後、「news every(日本テレビ系)」を降板するなど、『NEWS=ジャニーズの問題児』という烙印は長い時間をかけて静かに押されていたのだ。

 昨年31日の「ジャニーズカウントダウン2018-2019」は、ジャニーズ事務所全体の結束力を感じさせる素晴らしいステージだった。そんななかで、風紀を乱すNEWSという不安因子は、タッキー新体制となりお払い箱になっても仕方がないのかもしれない。

NEWS解散までのカウントダウンが始まった……不祥事続きの問題児集団に残された道はなし?のページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!