元NMB48の須藤凜々花が1月31日で芸能界を引退することを所属事務所が電撃発表。今後は「哲学者」を目指すという。

 須藤といえば、2017年に行われたAKB48選抜総選挙で結婚を発表し、大ブーイングされたのを逆手にメディアに引っ張りだことなっていたが、最近は勢いが下火に。その裏では所属事務所と溝が深まる事件が勃発していたという。

「ニコニコ生放送で吉田豪が明かしたところによれば、昨年8月に須藤は“告発SHOWROOM”を敢行していたといいます。そこで彼女は、『哲学の仕事』だと言われて現場に行ったところ、何の説明もなく水着にさせられて、撮影が始まったと事務所を告発。本人は“ドッキリ”だと思ったようですが、事務所のスタッフも誰も止めてくれなかったことに怒り心頭で、『私はこんな仕事やりたくてやってるんじゃない』『タレントにはもう何の未練もない』とぶちまけていたんだそうです」(芸能ライター)

 須藤を激怒させた番組について、テレビ関係者はこう語る。

「彼女はちょうど告発の時期にテレビ東京系の『人生を諦める技術』(テレビ東京系)に出演しています、同番組は、『哲学』を扱ってはいますが、解説をしている専門家を出演者が茶化すバラエティで、途中、様々なVTRが流れるという構成です。須藤はその番組にピエロのメイクでVTR出演していましたが、『哲学者』を目指す彼女としては二重の屈辱だったのではないでしょうか」

 ともあれ、須藤はNMB48時代には何度も撮影をこなしてきた。芸能界引退を決意するほどの事件ではなかったような気もするが…。

元NMB48・須藤凜々花が騙し討ちで引退を決意した!?のページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!