これは愛想をつかされて当然だろう。

 ココリコの遠藤章造が1月30日放送の『1周回って知らない話』(日本テレビ系)に出演し、05~06年頃に投資詐欺に引っかかったことを初告白した。

「遠藤に話を持ちかけたのは、ロサンゼルスでのイベントの仕事で出会った男。都内の人気美容室の名前で地方に展開する新店舗に出資すれば、新店舗のオーナーになれ、売り上げの50パーセントが半永久的に入ってくるというものだったそう。海外で気持ちが大きくなってしまったという遠藤は、『僕にお金を預けてもらえれば、プール付きの家とか持てる可能性もゼロじゃないですよ』と口説く男の言うことを真に受けて、“中古の二世帯住宅が買える”ほどの金を預けてしまったといいます」(テレビ誌ライター)

 遠藤は3年前に放送されたテレビ番組でも、未公開株詐欺に引っ掛かって数千万円を失ったことを告白している。

「千秋との離婚理由については遠藤の浮気が原因とされてきましたが、実際は千秋に止められた未公開株に内緒で手を出したことが『まあまあの離婚原因』だったことを明かしています。このときも被害額は数千万円とのことでしたが、中古の二世帯住宅分となれば、これに2000万~4000万円ほどの被害額が加算されたことになる。千秋からすれば、まったく笑えない金額ですよね」(前出・テレビ誌ライター)

 ネット上では「詐欺の見本のような宣伝文句なのに」「これに騙されるとか遠藤ってよっぽど頭弱いのか」「50%なんてアホか」と呆れ返るコメントが連打されているが、一方で千秋の口の堅さに称賛の声が上がっている。

「これまで番組で遠藤との離婚の話が出ると、千秋は『阪神ファンなのに巨人の選手と仲良くしているのが許せなかった』『娘が(父親似の)大きな目をつけて生まれたので、用がなくなった』などと、面白おかしくネタにして話していました。しかし、千秋は遠藤のメンツや批判を浴びることをおもんばかってこの事実を口にしたことは一度もなかった。今回の告白で千秋の懐の深さが改めてクローズアップされています」(芸能記者)

 15年に再婚し、翌年に長男が生まれている遠藤。安易な話には乗らず、芸で稼ぎを増やしてほしいものだ。

ココリコ遠藤「投資詐欺」初告白に元妻・千秋の“懐の深さ”が再クローズアップのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!