女優でタレントの雛形あきこが26日(関東地区では29日)放送の『おかべろ』(関西テレビ・フジテレビ系)に出演し、ナインティナインの岡村隆史と『めちゃ×2イケてるっ!』(同)終了以来、久しぶりの共演を果たした。

 雛形は『めちゃイケ』の前身となる『めちゃモテ』こと『めちゃ×2モテたいっ!』時代から出演しており、岡村とは20年以上の付き合いになる。雛形は『めちゃイケ』メンバーを「恋愛対象として見たことはない」と語った。若いアイドルなどがドラマやバラエティ番組で共演した人間とくっついてしまうのは、よくある話ではある。その点、雛形はドライだったようだ。何より『めちゃイケ』自体がメンバーそれぞれが不思議な関係性で結ばれていたといえる。

「『めちゃイケ』メンバーは、番組では仲が良いサークルのようなノリを出していましたが、プライベートで遊ぶことは少なかったようです。特にイメージされがちな、メンバー同士が集まったワイワイとした飲み会といったものはほとんどなかったようですね。メインのナインティナインやよゐこは、酒を飲んで騒ぐタイプではなかったのもあるでしょう。10年に加入した新メンバーも、飲み会などが一切ないので、これまでのメンバーとなかなか打ち解けられなかったようです」(放送作家)

 もちろん、そうした関係性ならばメンバー同士の恋愛などもないのだろう。ただ例外はあった。

「『めちゃイケ』『めちゃモテ』のさらに前番組となる『とぶくすり』『とぶくすりZ』に出演していた本田みずほは、『めちゃモテ』メンバーには選ばれていません。これは共演者であったよゐこの濱口優との交際報道が出たためといわれていますね。松竹芸能所属の濱口に対し、本田は吉本興業所属であり、ライバル事務所の垣根を越えた禁断の愛とも話題になりました」(同)

『めちゃイケ』の独特の空気感の形成にはこのエピソードも影響しているのかもしれない。ただ、必要以上の馴れ合いがなかったからこそ『めちゃイケ』は長く続いたともいえそうだ。
(文=相川ナロウ)

雛形あきこ「メンバーは恋愛対象じゃない」『めちゃイケ』の独自の空気感とは?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!