綾瀬はるか「グラビア時代」の意外な人間関係。同事務所でも「ここ数年会っていない」と寂しさ?の画像1

 

 タレントの磯山さやかが27日、『博多華丸のもらい酒みなと旅2』(テレビ東京系)に出演し、同事務所の綾瀬はるかについて思いを明かした。

 綾瀬とは同じ2000年のホリプロタレントスカウトキャラバン出身だと明かした磯山。綾瀬は審査員特別賞、磯山は2次審査で落ちたという。同事務所ということで仕事で、「ちょくちょく一緒になったり」ということもあり、交流はあったとか。「はるかちゃんも最初グラビアやってたので、何度か会って『あ、さやかちゃん』って」と交流を明かした。

 磯山にとっては感覚的には「同期」だそうだ。今では女優とタレントと仕事内容もまったく違う状況で「ここ数年は会っていない」らしい。同事務所でも仕事が違うとまったく会わないことも多い様子。

 磯山は「忘れてると思う、私のことなんて」と自虐したが、「忘れてるかな、でもいい子だから忘れてないかもしれない」と希望も。華丸が「まさに『はるか』遠くに行っちゃった」と語ると「そう“はるか”遠くに(笑)」と返して笑った。

綾瀬はるか「グラビア時代」の意外な人間関係。同事務所でも「ここ数年会っていない」と寂しさ?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!