嵐櫻井翔「ブチギレ会見」1人だけマジ怒り……記者の「質問」悪すぎ説もの画像1

 

 27日、アイドルグループ・嵐が2020年いっぱいで活動を休止することを発表。同日に都内で会見を開き、メンバーそれぞれが心境を明かした。

 嵐メンバーはややラフな洋服で登場し、極めて「和やか」な雰囲気の中で終始会見が行われた。今回の活動休止の言い出しっぺである大野智が「活動休止に至った経緯」や「話し合いを重ねた」ことを強調。そして、大野の気持ちにメンバーそれぞれが納得している、という点を非常に強くアピールしていた。

「大野さんが悪者にされる可能性もある、自分の中で区切りつけたかったことってないのか」という質問に二宮和也が「僕はないです」「リーダーのせいでこうなったとは、同じぐらいゼロに感じています」とうまくフォロー。

 松本潤は「(今後は)コンサートツアーと同時に20周年やってきたことをお祝いできるみんなで楽しめる、イベントみたいなのもやりたい」「20周年のベストアルバムや、ビデオ・クリップのリリース」など、主に今後の活動に関する発言。

 そして相葉雅紀は、多くを語らなかったものの、和やかな会見のムードを作っている印象だった。

 全体的に「リーダーの気持ちを理解し、誠意を示そうと努力している印象」を世間は感じていたようだ。SMAP解散や山口達也書類送検の謝罪や会見の「暗い」「重い」印象をしっかり打ち消したといえる。メンバーが「事務所の方としっかり話し合った」という点を強調したのも印象的である。

 ほぼ完璧な会見といえるが、1人だけ「ミス」をしてしまったメンバーが。

嵐櫻井翔「ブチギレ会見」1人だけマジ怒り……記者の「質問」悪すぎ説ものページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!