嵐「活動休止」2020年で実質解散か。二宮和也松本潤「結婚できない不満」限界突破?の画像1

 

 アイドルグループ「嵐」が2020年12月31日で「活動休止」することが分かった。27日、公式ファンサイトで発表されている。

 ファンサイトにはリーダーの大野智の言葉が掲載。「17年6月中旬、僕はメンバー4人に集まってもらい自分の気持ち、思いを話しました。その内容は、2020年をもって自分の嵐としての活動は終えたいと。」と前置くと、「その後メンバー一人一人と何度も話しました。5人で何度も何度も話し合った結果、2020年をもって嵐を休止させていただく結論にいたりました」と今回の決断を語っている。

 ネット上、そして街でも悲鳴の声が続出。「ウワサはあったが」という意見も出ているが……。

 もともと「東京五輪後に解散か」の声はあった。しかし、あくまでもウワサはウワサ。それだけに、現実になったことに驚きの声が出るのは自然だ。

 しかし、もともと「その兆候はあった」とする声もある。二宮和也、松本潤はそれぞれ伊藤綾子、井上真央と『結婚間近』という話が何度となく出ている。特に二宮さんは、結婚を許してくれない事務所に対しかなり不満を溜め込んでいたという話も。もともと不仲説もあり、グループとしての活動が限界にあった可能性も否定できない。

 最後には「急な発表ではありますが、今までずっと僕らを支え続けてくださった全ての関係者のみなさん、そして何よりも嵐をずっと応援し続けてくださった全てのファンのみなさん、申し訳ありません」と謝罪。全50公演の5大ドームツアーを開催中の嵐から、信じがたいニュースが飛んでしまった。

嵐「活動休止」2020年で実質解散か。二宮和也松本潤「結婚できない不満」限界突破?のページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!