女優として生きていく決意の表れだったのか。

 トリンドル玲奈が、1月19日にスタートした主演ドラマ『パーフェクトクライム』(テレビ朝日系)で見せたベッドシーンが話題を呼んでいる。

 トリンドルといえば、1月23日発売のファッション誌『ViVi』3月号をもって、7年半にわたって務めた同誌のモデルを卒業。「やれることはやりきったっていう、 本当に清々しい気持ち。(略)ViViは大好きな場所だけど、いつまでも同じところにはいられないから、最後は、笑顔でさようならを言いたい」と心境を明かしている、

 これまで21回のカバーモデルを務めたほか、単独表紙は最多タイとなる13回と、まさにVIVIの顔と言える存在だったトリンドルだが、そのイメージを覆そうとしたのか、ドラマでは初回から大胆な艶技を披露し、視聴者を驚かせたという。

「トリンドルの役どころは、上司との不倫に溺れるインテリアデザイナー。第1話では、彼女が艶っぽい吐息を漏らしながら、濃厚なシーンを披露したため、『何も着てない!』『抱かれてる時の表情が色っぽい』『あのトリちゃんが、ここまでするとは!』と、視聴者から驚きの声が相次ぎました。かつては童顔なハーフモデルとして人気を博し、アイドル的なイメージが強いトリンドルも今年で27歳。そのため、雑誌モデル卒業を機に、肌見せの演技にも挑戦し、本気で女優業へ進出しようと考えているのでしょう。今後は映画であれば、全脱ぎシーンも期待できそうです」(週刊誌記者)

 トリンドルは一流女優の仲間入りを果たすことができるだろうか。

トリンドル玲奈、艶っぽい吐息シーン解禁で“あの”デビューが近い?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!