お笑い芸人のカンニング竹山が、23日放送の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)で、秋篠宮家の長女である眞子さまと小室圭さんとの結婚について持論を述べた。小室さんに対しては週刊誌は総バッシング状態といえるが、竹山は「きちんと問題を整理してクリアにすればギリギリ間に合うのでは」「国民は2人が結婚して欲しいと思っている」と語った。

 現状に対してあえて“逆張り”の意見を突きつけたといえる。竹山のコメンテーターとしてのスタンスは、これまでも一貫したものだった。

「『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)終了後の暴言事件をめぐっては『ネットに同じくいつまでも同じ動画を流し続けるテレビはダサい』と釘を指しています。日馬富士の暴行事件に対しては沈黙を貫いていた貴乃花元親方に批判が集中しましたが、竹山は『相撲協会は貴乃花部屋を潰したいんですか?』と、あえて貴乃花への批判を続ける報道姿勢を批判していますね。」(芸能ライター)

 こうした世間の流れに関して逆行して、きちっと筋の通った正論を“物申す”スタンスは、あの有名人譲りといえる。

「テリー伊藤さんですね。テリーさんはもともとテレビディレクター、プロデューサー出身であり、裏方として、どうすれば番組を面白くするかをわかっている人です。そのため批判を浴びるような意見もあえて述べていますが、最近は年齢を重ねたためかキレがなくなりつつあるのも確か。第2のテリー伊藤枠として竹山がうまくハマりそうですね」(同)

 竹山はキレ芸でブレークをしながらも、仕事に関してはいたって生真面目な人物として知られる。竹山の「逆張りコメント」も、自分の立ち位置を理解してのふるまいなのかもしれない。
(文=相川ナロウ)

カンニング竹山は“第2のテリー伊藤”になる? 安泰のポジション獲得かのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!