歌手の倉木麻衣が20日、「20周年イヤー」のスペシャルイベントを東京の大崎ゲートシティで行った。

 倉木は純白のウエディングドレス姿で登場。「初心に戻った気持ちで、ウェディングの衣装を選ばせていただきました」と語っている。最新シングル「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない/薔薇色の人生」が3月20日に発売、ライブツアー予定も多いなど、充実の1年となりそうだが……。

 倉木といえばデビュー20年の現在でも、とにかく「男のウワサ」がないことで有名だ。

「見た目が変わらないので、もう36歳というのも驚きですが、恋のウワサが本当にありませんね。あってもそれこそ根も葉もないウワサレベルというか。私生活はいまだ謎が多いですね。

世間の認識としては、言葉遣いも丁寧で大人しい雰囲気、東日本大震災の時などは支援にかなり積極的で……と『なんとなくいい人らしい』ということで好感を持たれている印象。デビュー当時は宇多田ヒカルさんと比較されたりしましたが、現在はマイペースで仕事をしている印象です」(芸能記者)

 日本では派手さこそそれほどだが、とにかく地に足をつけて活動している印象の倉木。とはいえアジアでも人気はかなりのもので、それをおくびにも出さないのがまた好印象といったところか。

 イベントには「理想の男性」である『名探偵コナン』のコナンくんも登場。倉木としては歌手活動における最大級の「お得意様」の登場に、やはり満面の笑顔だった?

倉木麻衣「20年間オトコの影なし」謎の私生活。世間の印象「コナン」「なんかいい人らしい」慎ましく地に足のページです。エンタMEGAは、エンタメ音楽の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!